■ スポンサーサイト
 --.--.-- (--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | 全部表示 |
■ Ripple
 2014.03.13 (木) 11:24:59
 Ripple(XRP)とMonacoin(MONA)の交換ができるようになったらしいので、Galaxy Nexus(SC-04D)にBOINCをインストールしてみた。


 戸惑った部分のメモ。

 流れとしては、
 Rippleウオレット作成 → WCG(World Community Gride)に登録 → GNにBOINCをインストール → CFG(Computing for Good)登録


 ・Rippleウォレットについて
 Rippleのウォレットを作った後、リップルのアカウントをアクティベートするためには20XRP必要のようです。
 XRPをもらうためなのに20XRP必要って(笑)。

 Monacoinで交換してくれる方がいるので探してお願いしましょう。
 (私はたまたま、その筋では有名なMonacoinを普及させるために尽力されてる方から頂きました。 ほんとうにありがとうございます。)

 まはた、下記Rippleフォーラムで初期必要XRPをもらえるようなので内容をよく読んで書き込んでみましょう。
 ・初期XRP入金スレッド (JED基金より)


 ・WCGの登録について
 特になし。

 
 ・GNにインストールしたBOINCについて
 重要なのはProjectsで「World Community Gride」を選択すること。
 Name、PasswordにそれぞれWCGのサイトで登録したメンバー名とパスワードを入力。


 ・CFGの登録について
 WCG Verification CodeにはWCGの「外部許可コード」を入力。
 検証コードを入力するというのも見受けられますが「外部許可コード」のようです。
 自分の場合、最初検証コードを入力して登録してしまいましたが、後にRipple Public Address、WCG Usernameを同じままWCG Verification Codeに「外部許可コード」を入力して登録し直したところCFGのメンバー番号は変わらず登録情報が上書きされてようで問題ありませんでした。


 ・その他
 WCG → CFG → ウォレット、どの間でも振り込まれるまで時間がかかるので焦らず待ちましょう。


 備考
 ・Ripple
 ・World Community Gride
 ・
Computing for Good(RippleLabs)
 ・BOINC(Google Play)



 寄付:
 ・MONA:MUxWc188fffP1UzsHDVKnDwziw3R1Fbovp
 ・XRP:rJ1tyTUzk3KiUPaJidpYVSwR1pCAN17Xww
スポンサーサイト
Monacoin | コメント(0) | トラックバック(0) | 全部表示 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。