■ スポンサーサイト
 --.--.-- (--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | 全部表示 |
■ 今日の感想 - OSx86
 2008.02.19 (火) 15:09:15
 とりあえず、(Zephyroth)Leopard-10.5.2-AMD-EFIをインストールしてみた。

 画像
 ・SSその1
 ・SSその2
 ・SSその3
 まず、Leopard-10.5.2-AMD-EFIを元にDarwin BootloaderがVIA VT8237A SATAコントローラを認識するインストールディスクを作成するのに2時間ほど掛かって、その間にできあがったコースターが1枚。
 ちっと面倒だったけど、コースターが1枚で済んでよかったわ(笑)。

 インストール時のオプションは、ToH kernel SSE3 9.2.0、Third Party Drivers>Chipse DriversからVIA and SB chipset driver、BootloaderからEFI v8 MBR Bootloaderを選択。
 もちろん、インストール後の再起動でVIA VT8237A SATAコントローラを認識するするわけもなく、Tigerを起動して、インストールされたAppleVIAATA.kextを編集して認識するようにする。
 で、無事に起動するようになりましたとさ。

 ToH_x86_9A581_RC2+AMD PPF V2をインストールするよりもかなりラクになったね。
 AppleVIAATA.kextをみたらSB600とかも登録してあるから、SB600のSATAでもイケるかも。
 ちなみに、AppleVIAATA.kextのInfo.plistのSATA部分に登録されているのはこれぐらいある。(デバイスIDは適当に調べたので、ちっと違うかも。)
0x55131039 SiS IDE

0x43801002 ATI SB600 SATA
0x43791002 ATI SB400 SATA
0x43761002 ATI SB400 IDE

0x528810B9 ALi ULi M5288 SATA

0x31491106 VIA VIA VT6420 SATA

0x35121095 SiI 3512 SATA

0x00e310de nVidia CK8S Serial ATA Controller
0x005410de nVidia CK804 Serial ATA Controller
0x005510de nVidia CK804 Serial ATA Controller
0x00ee10de nVidia CK8S Serial ATA Controller

0x2360197b JMicron
0x2361197b
0x2363197b
0x2365197b
0x2366197b

0x28258086 Intel 82801H (ICH8 Family) 2 port SATA IDE Controller
0x28208086 Intel 82801H (ICH8 Family) 4 port SATA IDE Controller
 英語ができれば「0x05911106(VIA VT8237A SATA)も登録してください。」ってお願いの書き込みしたのになぁ~……。
 そうすれば自分でisoイメージをイヂらなくてもよかったのになぁ~……。


 次はコレを元に、インストールされるカーネル拡張をイヂって、Tigerが必要ないインストールディスクを作らなきゃ……。
OSx86 | コメント(0) | トラックバック(0) | 全部表示 |
■ コメント
■ コメントを投稿
※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。












コメントを管理者以外には見せない

■ トラックバック
http://turkishice.blog6.fc2.com/tb.php/1039-c313acf7
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。