■ スポンサーサイト
 --.--.-- (--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | 全部表示 |
■ メモ - OSx86
 2007.11.14 (水) 16:08:15
 ToH_x86_9A581_RC2をAMDにインストールするめのメモ。
 (最低限)用意するもの。
 ・ToH_x86_9A581_RC2
 ・AMD PPF V2 TEST
 ・speedstep/sleep sse3 kernel
 ・AMD Decrypts


 準備その1
 ToH_x86_9A581_RC2にAMD PPF V2パッチをあてる。。
 パッチソフトはお好みで。 ウチはPPF-O-MATIC。

 準備その2
 パッチをあてたToH_x86_9A581_RC2を焼く。

 準備その3
 Tigerをインストールする。
 その時に、HDDのパーティションを分ける。 最低2つ、Tiger用とLeopard用が必要。 他に必要であればお好みで。
 ToH_x86_9A581_RC2をインストールするパーティションの名前は、必ず「OSXLEOPARD」で。 理由はAMD Decryptsがその名前にしか対応してないため。
 Tigerはお好みで。 ウチはTubgirl10.4.10を使用。


 本番その1
 ToH_x86_9A581_RC2をインストールする。
 ウチは3時間掛かる(笑)。

 本番その2
 インストールしたDVDから再起動、インストール画面になったらツール>ターミナルを起動して下記コマンドを入力。
 /Usr/misc/script.sh OSXLEOPARD

 本番その3
 Tigerを起動、speedstep/sleep sse3のmach_kernelをOSXLEOPARDのルートに突っ込む。
 ターミナルからでも可。

 本番その4
 AMD Decryptsのreplace.shを実行。
 例
 /Users/NAME OF USER/Desktop/559_AMD/Install/replace.sh

 本番その5
 AMD Decryptsのpatcherを実行。
 例
 /Users/NAME OF USER/Desktop/559_AMD/Install/patcher cpuid.txt

 再起動。

 画像
 ・SSその1
 ・SSその2(speedstep/sleep sse3 kernelのAppleSMBIOS.kextを入れたので前回とちっと違う。)

 ウチの環境では必要なもの。
 ・サウンドはALC883Audio.pkg。 
 ・サウスブリッジはSB600_SATA_ATA.zipの使い回し。 要-fオプション。
OSx86 | コメント(0) | トラックバック(0) | 全部表示 |
■ コメント
■ コメントを投稿
※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。












コメントを管理者以外には見せない

■ トラックバック
http://turkishice.blog6.fc2.com/tb.php/958-26ebfedd
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。